現在地 : ホーム > 事業内容 > 構造物診断・調査 > コンクリート診断調査


構造物診断・調査:コンクリート診断調査

コンクリート診断調査

現在、コンクリート構造物の劣化は社会問題となっています。コンクリートの劣化構造は、様々な要因が絡み合って進行し、また、劣化原因と劣化度を調査する方法も多岐にわたり、高度な技術力が要求されます。 わたしたちは、皆様のご要望にお応えするべく、日々研鑽に努めております。

目視点検

構造物を近接目視や打音法により点検を行い、コンクリート表面の変状を図化、写真撮影します。

近接目視 打音点検

シュミットハンマー

シュミットハンマーを使用し硬度測定を行います。

シュミットハンマー使用状況1 シュミットハンマー使用状況2

電磁波レーダー(RCレーダー)

電磁波レーダーにより、鉄筋の配置位置を探査します。

RCレーダー作業状況 RCレーダー

コア採取

コア供試体を採取し、各種材料試験を行います。

コア抜き作業状況 室内試験(強度試験)

中性化試験

フェノールフタレイン1%アルコール溶液を吹き付けて中性化深さを測定します。

中性化測定状況1 中性化測定状況2

構造物診断・調査 項目リスト


このページのトップへ